スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ニコラップ鑑賞3 番外編 初心者風ラップのすすめ

座敷童子 「AというところにⅡ」





これって本当に下手な奴が実力を出し切ってやっぱり下手なのか、
本当はいくらでもうまくできるけどあえて下手の振りして拙くやってるのか、宅録ができないだけなのか
実際下手な奴が更に拙くラップしようとしてるのか。
そこらへんがよくわからないんだけど、ニコラップで初心者っぽく拙いラップをするジャンルってあるよなー。
らっぷびとが化粧してるんだろ?なんか化け物みたいなメイクしてるぞ・・・ワラ


はっきり言って上の動画は、全然そのジャンルをわかってないよ
これじゃあ大多数のリスナーは1回聞いて終わりだぜぇ?
本当だったら種明かしやノウハウなんて話さないけどー。
俺はもうニコニコ動画の真理がわかっちゃって心底萎えてるからさぁ。
ニコニコラップしかなくて、これからもニコニコラップで生きてくならこんな話しねーけど(笑)
まぁプロレスや手品の裏側だなー。
「初めてラップしました、右も左もわかりません風」にラップするスタイルの面白さの話。
まぁ簡単なようでこれが奥深いんだわなぁ。


俺がリアルでは嫌悪する人格のオルター・エゴ(いい年こいて無職でオタクで童貞)が主役で
5分で1発録りで、録って出しの音源に動画作らせて、こないだの6月頭にアップロードした曲がある。
その曲は3000以上の数があるニコラップ動画のその他99%よりも興味を持たれ、見られ、支持もされてる。
ぶっちゃけ俺はその曲への反響でニコ動の真理がわかっちゃって心底萎えたんだがなー。
ネットで長くやってるから「ニコラップなんて(笑)」とか得意気に言ってたインターネットラップが本業の奴が、
PCスキルやノウハウを注いでガチで作った曲より、俺がお遊びで数分で作る曲の方が求められちゃう現実。
そんなインターネットラップが本業の奴がニコ動ウケを狙ったのも含め何曲も何十曲も本気でアップするより
俺が鼻糞をほじりながら半年ぶりにアップした1曲の方が注目を集めちゃう現実。
インターネットラップで圧倒的にマスで、リスナー数も段違いに多いニコニコ動画。
そんな一番栄えてるインターネットラップの場で、インターネットでのラップが生業でずっとやってる奴よりも
畑違いで片手間でチンコ掻きながらラップする俺の方がマスでバリューができちゃう。
ネットが本業とやらの奴が100曲作るより俺の1曲の方が目に見える数字での反響が大きい。
いろんな意味で萎える。ここは一生懸命ノウハウをつぎ込んラップをしてるだけじゃ意味はないよ。


いずれまた書くけど、他のインターネットラップをする場所と違って、ニコニコ動画って、
「ラップを聞きに来てるわけじゃない・ラップをしてるわけじゃないリスナー」が99.8%の場所だからねぇ。
他だと、そこにアクセスするのは「そこでラップをしてる奴」か「ラップを聞きに来てる奴」でしょ
そういう意味じゃクラブのイベントに来る奴に近いかな。まぁネットは無料で誰でも聞けるから敷居は低いが。
でも、ニコニコ動画は「ラップを聞きに来てるわけじゃない・ラッパーじゃない人が大多数」なわけ。
つまり「外部のオーディエンス a.k.a 世間」が存在するんだよねぇ。
もちろん世間っていっても、ニコ動だからオタク寄りな奴が多く、独自の流行もあるわけだけど。
それでも、インターネットラップとしては画期的だわな、大多数が外部のリスナーってのわ。
今までのインターネットラップとかだと「○○は、いいラッパーだ」ってのが
雰囲気や空気感だけの目に見えないプロップスが判断材料だったわけ。まぁリアルもそうなんだけどさ。
でも、ニコ動っていう場所だと目に見える数字で世間に興味を持たれてるか、評価されてるか否かがわかる。
逆に言えば「このMCや曲は興味を持たれてすらいない」ってのがはっきりと数字で見える。
今までと価値のプライオリティも流行も違う場所とはいえ、
かつては「いいネットラッパー」として、雰囲気や空気やキャリアの長さで、なんとなくなプロップスを得て
それが支えだったラッパーには、ニコニコ動画みたいな
「ラップを聞きに来てない人・ラップをしない人をも巻き込めるか」という
現実のシーンにも通じる音楽のエンターテイメントな部分は見えてないのかもしれない。
そこに気付くか気付けないかだろうなぁ。

ニコニコ動画にラップをアップする必然性を考えねーのかなー
俺はニコ動じゃなくてもいい事はニコ動じゃやらんよ。だって現場そのままをパッケージしても仕方ないだろ。
そんな事もわかんないのかなぁ?同じ事がインターネットラップが生業な奴にも間違いなく言える。
他でのラップをそのままパッケージングしてニコ動でやってるラッパーはどこでやっても一生芽が出ない。
だからこそニコ動で、らっぷびとはラップ乗せるのはむずいけど人気のアニメソングをパッケージして、
タイツォンはニコ動で流行ってる事柄をパッケージしてラップしてるんでしょ。
別にニコ動で流行ってる曲や事柄でラップしろってわけじゃなくてな。
まぁ同じ流行りの曲や事柄でやっても、らっぷびとやタイツォンみたいにパッケージできないだろうけど。
どこの舞台でラップをやるにしても「パッケージングする」って作業は同じだから。
なまじニコ動でのウケを狙った作品でもパッケージが下手で思い切り滑っちゃてるの見ると惨めだろ?(笑)
どんなに体を張ってもアニソンを使ってもニコ動で人気のコンテンツを使っても、
「パッケージングの才能」
っていう引き出しが無い奴には、一番栄えてるネットラップa.k.aニコラップには向いてない。
同じ様に、らっぷびとやタイツォンをDISやアンサーしてみればわかるよ。
その他大勢が、らっぷびとやタイツォンをDISやアンサーしたら俺みたいにマスになれるのかねぇ?(笑)
あ、余談だけどトラックメーカーはそこの敷居は低いと思う。
前もブログで書いたけどタイツォンやTMは、他の舞台で活躍できるチャンスは全然あるよマジで。



なにはともあれニコラップならではな「ラップ初体験者が拙くラップする」のが面白いってジャンルあるわなー。
HIPHOPやラップの経験も知識も無い人が、簡単に舞台に立てるのがネット&ニコラップの面白いところ。
そういう奴がするラップって、面白い部分もあるんだけどやっぱりいかんせん初体験の初心者
HIPHOPマナーやノウハウをわかってないから、どうしても何回も聞いたりするには辛いのが多いねー。
そこで、「初心者が始めてラップしました風」にラップするスタイルがとても面白いわけよぉ。
ニコラップの大多数の初心者ラップは拙いだけ。上の大福餅みたいな顔のラップもそう。
本当に拙いだけのラップってHIPHOP&ラップ好きはもちろん、HIPHOP聞かない層にも雑音なんだわねー。
何回も聞きに来るリスナーは小数だわなぁ。そういう意味じゃ上の曲は本当に下手な奴がやってるんかも。


まず俺が6月頭にアップしたその曲を聞けばわかるだろうけど、一貫してケツで「1~2文字」の韻を踏んでる。
本当にどうしようもないチープな1、2文字の同じ文脈の韻だけど。これが凄い大きいんだぜぇ。
俺は正直、韻を踏めない奴は無理して踏まなくていいとおもうし、韻を踏むと文脈や内容がぶれる奴も同じ。
でも、それは普通以上のラップの話。普通のラップはそこをフロウで聞かせるスキルがあるから。
初めてラップしましたってスタンスなら韻は踏んだほうが取っ付きやすいよ、1文字でもいいからねー。
単純に聞きづらがいいんだよそっちのほうが。耳に心地いいわけ。
初めてのラップ風に限らず、ガチで初心者もまずはスタンダードにそこからやってみ。
それで聞こえは全然違うぜぇ?


それと、もちろん重要なのがHIPHOP的なフロウだわなー。
その6月頭の曲は、2小節ずつ脚韻部分のフロウを合わせてる。聞き返してみなよ?
どう聞いても初めてラップしましたって感じのひでえラップでも、
2小節ずつでいいから韻や語尾のフロウを合わせるだけで全然違う当たり前な話なんだけど。
でも、ここで問題なのはさじ加減。もろに合わせると目ざといリスナーには初心者じゃないってバレるわけ。
そうなると、聞いてるリスナーは萎えちゃうんだわなー(笑)
しっかり意識して2小節ないし4小節のケツや韻のフロウを、拙く拙く合わせるだけで
HIPHOPを普段聞いてないリスナーにも無意識下に耳に心地良いから。
普通のラップでは当たり前な話だけど、初体験ラップが一番できてなくておざなりなのがこの部分だぜぇ。
最上部の曲が1回聞いただけでリスナーは飽きちゃうのは、
リリック内容がどうか?とかうんぬん以前に、単純に耳障りがよくないんだよねー。
そこまで意識してやれば、「拙くて酷いラップだけど面白いし何回も聞いちゃった曲」まで達するぜぇ?
あと、当たり前だけど小節の頭や中盤でいくらモタモタさせてもいいけど、
ケツやHOOK前だけは合わせないと、HIPHOP聞かない人にも耳障りが悪くなるからそこはハメろよな。
そこをグダグダにしてると、ただ単に汚い音だから
つか、なんで上の曲は思いっきり変なトラック使ってるの?
多分、拙いラップ+変態トラック合わせると更に面白いって思ってるのが関の山だろうけどさー。
混ぜすぎると目ざとくて逆に面白さを消しちゃうんだわなぁ。


最後に、やっぱラップしてる内容がどうかだわなぁ。面白いのか、狂ってるのか、可もなく不可もなくか。
ラップ初心者が書いたチープなリリックに思わせて、なおかつ聞きずらの良さも意識しないとダメ。
ちなみに俺のあの曲は、直前に見たDIS曲とそこのリンクのまとめ動画やらの情報を頭に入れて
最高で名前の2文字、基本は1文字のみのチープな韻を踏むってだけ決めて、
リリックなんも書かずに、世界観もラップしてる人物像ももろもろ完全即興フリースタイルだよ。
「ラップ初めてしました」ってリスナーに思わせる事を念頭に置きながら、声色を変えてだぜぇ?
まぁ天才だわなリリック書いちゃうとあそこまでどうしようもなく拙い、たどたどしさが出ないんだよねぇ。
どうしようもない主人公の曲にしたかったから俺が普段叩いてる人格(オタク・無職・童貞etc・・・)
いわゆるメタフィクショナルなオルター・エゴができたわなー。言うてもチープだけど(笑)
でも、俺がやるからこそあの曲が面白いってわかるはずだけどなぁ。


ちなみにヴァース2で、即興ゆえに思わず1小節の中で5文字×2の韻を踏んじゃった部分があって、
そこで一瞬「やっべーやっちった・・・録り直ししなくちゃダメかな・・・」などなどを考えながら
次の小節へ行く刹那の間を楽しんで欲しいぜぇ(笑)
やっぱりHIPHOPって何を歌ってるかが一番重要だからなぁ。まぁどうしようもねー内容だけど ワラ
でも、どうしようもなさの限界を突破すると逆に「POP」になっちゃうんだよなー、特にニコ動だとそれが顕著。
「二次元を愛す程度の能力」って曲がめっちゃ人気出てるのも同じベクトルだな。
この「二次元~」って曲も本当にどうしようもない内容。でも、そこにこそリスナーはゲラゲラ笑うわけ


まぁなんか「病んでる風」や「いい事を言う風」なラップするのもいいけどさぁ。
いい意味で、たかがニコ動なんだから色々やってみろよ?スタイルとか遊べよもっとさぁ。
なんていうかニコニコラップのその他大勢のいわゆる『面白いラップ・動画』って
ニコニコラップ内のお友達同士でしか面白さがコミットされてないから、俺を含めた大多数には意味不明。
いつまで経っても「ニコラップの中では○○」な域をでれないんだと思うぜー?ここ核心な、超シリアス。
俺の6月の曲も「二次元~」って曲も、パッと聞きはマイノリティな話をしてるんだけど
実は普遍的な「どうしようもなさ」を歌ってるからここまで「POP」になったわけ。


まぁ、色々と面白い事やスタイルをどんどん模索していったほうがいいと思うぜぇ。
今回のブログは客観的に見た「事実」しか書いてないよ。
なんだかんだで俺はニコニコラップというマイノリティなジャンルにも理解や見解があるからねー('-'*)
今回の記事を客観的なひとつの事実って読めない奴は、色々と向いてないんじゃねぇかなぁ?
これからもニコ動で頑張るネクストジェネレーションへ、色んな物の見方や楽しみ方のお裾分けだからぁ。
あと、まぁ無料のインターネットだけじゃなくHIPHOPにお金落とせよな?OK?
これからも面白い話をどんどんしてあげるぜぇ。女の子にはベットの上でね


次のニコニコラップ鑑賞は普通にやるぜぇ、フックアップスタイルで。
昨日も行ったが、今日もHIPHOPなお祭り行くよ
つかフリースタイルバトルの印象がない人のフリスタはマジで刺さるし、食らった
全然予期しない人のプロップ上がっちゃったわぁ。
女の子はシャワー浴びてから来いな。汗かくと臭ぇから。

次の記事のテーマは「サクッと聞いて、ニコラップで可能性がありそうな奴・ない奴」の予定。
タグ検索ってので上に来てる曲を聞くから自信作を上の方に上げておけよワラ
親知らずがズキズキしてる横浜のハーコー・MCアリカ。そんな感じ。


プロフィール

MCアリカ a.k.a キャプテンクック この名前はニコ動専用だぜ。

Author:MCアリカ a.k.a キャプテンクック この名前はニコ動専用だぜ。
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ブログ内検索
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。